スポンサーサイト

  • 2017.03.31 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ブログ移転のお知らせ その2

突然ですが、ブログを移転することにしました。

新ブログK.T Dogear+をよろしくお願いします。


ブログ移転のお知らせ

突然ですが、ブログを移転することにしました。
こちら



Jugemも良かったのですが、バイクの乗り換えを機に気分を変えようかと。
新ブログK.T Dogearをよろしくお願いします。
 

報道の自由とは?

JUGEMテーマ:ニュース

 最近、日本の報道の自由について考えさせられることが増えたように思える。
報ステの古賀氏降板や、NHK会長の数々の問題発言、
福島第一原発報道での閉鎖性や安倍政権に対する批判の少なさ。

 世界の報道の自由ランキングでも、先進諸国の中でも低い61位となってしまった。
いったいなぜこうなってしまったのか?そもそも日本のジャーナリズムとは、
どういう基準で記事を書いているのだろうか?

 私が日本の報道機関に根本的な疑問を持ったのは、4年前の3.11以降である。
原発事故が深刻な状況であるにも係わらず、事故の状況を正確に伝えていなかった。
 原発絡みの報道では、
大手スポンサーである電力会社からの圧力があると言われている。
根拠があまりないと思っている人もいるかもしれないが、
3.11当時の報道を思い出せばそうでもないことが解る。
 国土が狭く、地震の多いこの国で原発を作るメリットはまったくない。
事故の可能性が高く、放射性廃棄物の最終処分地も決まっていないからだ。
それにも係わらずなぜ日本に55基もの原発が作られたのか?
原発が必要であるとの刷り込みや、地元の反対を封じ込めたのは、
政治や報道機関が原発の建設を後押ししたからではないだろうか?

 私が以前から疑問に思っていたシステムがもう一つある。それは記者クラブの存在だ。
簡単に言うと、既存の大手メディア同士で作った団体が、記者クラブである。
フリーランスの記者や外国の報道社などは取材が容易に出来なくなる。
政治に対する取材の場合、記者会見は記者クラブ向けに行われるようになっている。
こういった既存メディア内での囲い込みが出来てしまうと記事は横並びになりやすい。

 一方海外のメディアでは、
AP、ロイターなどの各通信社が流すストレートと呼ばれる時事速報的なニュースと、
批判や批評を担当する新聞社との役割分担がなされている。
日本の新聞社も通信社の扱う、
海外ニュースをそのまま報道していたりするが一般にはあまり知られていない。
国内ニュースでは、各メディアが個別に記者を送り込んでいる。
共同、時事などの国内の通信社は、
各地方紙にニュースを提供することが多いのだ。
国内の大手メディアはストレートとの区分が明確化されていない。
そこに大きな問題点があるのは、
批評をする立場と事実を公正に書く立場が同じ会社の中で同居している点である。
ある事件に対して、公正に報道することは大事だが、
記者が主観で批判することも必要である。
海外では、ストレートによって事実を伝え、新聞社が批評を行うことで区別している。
各通信社と記者の記名記事とは区別されているのだ。
そうしないと、記者個人の意見が事実を曲解させかねないからである。
だが、記名記事によって政権や組織に批判できなくなるのも、言論の自由に抵触する。
双方を両立させるためには、こういった区別が必要なのだ。
ところが、伝統的に通信社との区分がない日本のメディアは、
読者に一定の基準を植え付けてしまう。
あまりイデオロギー的なことを論述したくはないのだが、
右寄りの新聞社と左寄りの新聞社では、
取り扱っている記事の大きさや内容が変わってしまうことがしばしばあるのだ。
産経や読売に保守のイメージがあり、
朝日、毎日にリベラルのイメージがあるのはこのためである。
 安倍政権がやたらと公正にと各メディアに通達しているらしいが、
こういったことは本来、通信社に言うべきことである。
ストレートと新聞社の区分がない日本では、
それこそ批判をするなと勧告しているようなものなのだ。
そもそも批評や批判する権利をメディアから取り上げたりしたら、
戦時中の翼賛メディアに逆戻りではないか。
 
 そして今のメディアにも言いたいことがある。
通信社と新聞社の区別を明確化すること。
そして記者クラブを解体し、海外の記者やフリーライターにも取材をオープンにするのだ。
個性のない横並びの記事など、誰にでも書ける。
大事なのは、記事に記名し責任を記者が持つこと。
そして主観を持って意見を言うべきだ。
私がネット情報の信憑性を疑うのは、
こういった記名のないうさんくさい情報が多いからである。
今でも新聞を読んでいるのはネットだけに偏らないようにするためなのだ。
最後に色々書いたがこれからの各メディアの奮起に期待する。
 

PL花火2014

JUGEMテーマ:夏休み




今年もPL花火の写真を撮ってきましたー!
ニコン1 J2は高速AFと最大60コマ/秒の連続撮影速度で実に撮りやすい!
鈴鹿ではシャッター優先AEにするのを忘れたりしていましたが、
今度は大丈夫!
ばっちり花火が撮れました。

しかし、今年のPL花火は短かったですねー。
どうやら去年よりも少ない1万4000発だったようで。
最盛期にはこれの7,8倍だったので余計に寂しく感じます。

集団的自衛権と9条論議

とうとう、自公の合意による集団的自衛権を認める閣議決定がなされましたね。
そもそも国家とは、パンと水と安全を国民に保障することが前提となっています。
日本は憲法9条により、軍隊と他国への交戦権を持ちません。
自衛隊はあくまでも軍隊ではなく、自衛の為の組織なのです。

世界でも10本の指の中に入る戦力を有していても軍でないのは、
憲法によって他国と戦争することを放棄していることと、
個別自衛権しか認められないからです。

日米安保が無ければ、他国に攻撃されてもアタック担当のアメリカしか、
ミサイル基地を破壊できないのです。
これは国防上、重大な問題があります。
仮にA国が日本に戦争を仕掛けた場合、現行の憲法では、
日本だけではA国の基地を攻撃できないのです。

最近は中国の海洋覇権の為、尖閣や南沙諸島問題が表面化してきました。
頼みのアメリカが日本を守るのは、日米安保条約があるからなのですが、
中国の方を経済パートナーとして重視しつつある現在、機能するかどうか疑わしいです。
そうなると、同じ立場の国々(東南アジア)と連携して有事に当たるオプションも考えなければなりません。
これがすなわち集団自衛権です。

国連加盟国には集団的自衛権が認められています。
A国がB国と連携してC国と交戦する場合、
A国はC国に対して宣戦布告をしなければなりません。
中立の立場の国がC国と交戦することは認めませんが、
A国がB国を支持するなら、これは中立ではありません。
すなわち、多数の国家が連携して交戦する権利はどこの国にも認められているのです。

日本はアメリカと同盟関係ですが、自国が攻撃されない限り、
仮に尖閣が原因でアメリカと中国が(日本の海域でないところで)交戦していても戦闘に参加できないのです。
9条の理念は素晴らしいのですが、有事の際にまったく機能しない国家にしてしまっているのが現状だと思います。
そういった事実を露呈してしまったのが、
尖閣で漁船が海上保安庁の船に突っ込んだ事態だと思います。

今まで日本が守られてきたのは、世界最強国のアメリカに守られてきたからだと思います。
平和とは、国防がなければ維持できません。
自衛隊の装備や運用、安保維持のための思いやり予算はその為に費やされています。
それはどこから支払われているか?
全て国民の税金です。我々は税を払って国に安全を保障してもらっているのです。
国家が国家として機能するための組織が軍隊なら、
それを保有しない日本は何をもって国家たらしめるのか?
かつてローマ市民は税を兵役で支払いました。
その属州は十分の一税を支払うことで、ローマに守ってもらっていたのです。
今の日本はアメリカというローマ帝国の属州と同じ立場です。
集団的自衛権とは、軍とセットで運用すべき事案です。

僕は主権在民というなら、9条の改正をもってあたるのが筋だと思います。
内閣は行政のための組織であって、法について議論するのは、
立法機関である国会です。
憲法とは国民の権利を守るものであり、その解釈を時の内閣が勝手に変えるのは、
民主主義の原則からはずれると思います。
僕は上記の理由から、改憲論者です。
しかしながら今回の安倍内閣のやり方には反対の立場です。
場当たり的な憲法解釈よりも、国防のための税金を支払っている国民にこそ、
憲法9条を見直す権利があるのですから。
ただ、国民投票いたるまで、憲法改正の場合には、
両院の議員の三分の二の賛成がなければならないので、
現状ではほとんど不可能ですが。

安倍政権はおそらく逼迫している現状を鑑みて、
憲法解釈の変更に踏み切ったと思います。
ただ、やり方がかなり強引で、主権在民という、
この国の原則からかなり外れていると思います。

 

複雑なシステム

iPhone 4に機種変更しましたー! 
そのことは嬉しいのですが、非常にややこしい事実が判明しまして、 
パニクってます(大汗)。 

以前、iPhone 3Gでパケット代ケチる為に、 
わざわざYahoo BBポイント行って無線LANでネットに繋いでいました。 

パケット代は、つなぎ放題でも2段階で、 
下限が1029円、上限が5985円だったのです。 
そのまま上限まで使うと非常にあほらしいので、 
無線LAN(自宅とBBポイント)を使ってiPhoneでネットしていました。 
ヤフーBBポイントというのは、公共無線LANのことで、 
iPhoneは無料で使用できます。 
僕の場合はMacbookと、PSPでも利用しますので、 
別に月額200円(だったっけ)支払ってます。 

しかし、今回iPhoneに変な料金プランが出来ました。 
パケット定額フラットというものです。 
これは月額4400円でiPhoneのデータ通信が使い放題になるというプランです。 
ところが、1年半前にパケット定額キャンペーンという価格プランが適用されてからというもの、下限はそのままの1029円、上限は4400円となっていました。 

ということは、iPhone購入の割賦割引が月額500円増えるだけで、 
フラットのメリットないなーって思っていたら・・・。 

意外なところに盲点が・・・。 
そう、パケット定額フラットでしか加入できないソフトバンクWIFIスポットです!! 

実はこのサービス、実際にヤフーBBポイントとの違いが解りません。 
はっきり言って違いはなさそうなのですが、 
先程ソフトバンクのサイトで確認したところ 
現在マクドナルドでしか繋げないヤフーと違い、 
スターバックスなどに範囲を広げるソフトバンクの無線LANの方がエリアが広くなるわけです。 
確認出来たわけではないので、ここから先は憶測ですが、 
範囲の広い公共無線LANが使用出来るのが、パケット放題フラットの最大のメリットだということです。 

一番、公共無線LANの必要な我々、下限パケットユーザーを新しいサービスから締め出す為に、小細工じみた手口を使うとは・・・。 
はっきり言ってソフトバンクの姿勢には疑問符をつけざるを得ないです。 

機種変更で標準プライスプランで契約する前に教えて欲しかったです。 
なぜなら、いまからフラットにプラン変更しても、割賦の割引は500円高いままだからです。 

先日のMOTO2ライダー富沢祥也の死もショックだったけど、 
この企業姿勢には、ちょっと参りますね。 

ただ、めでたいことが一つあります。 
ベンリー50Sが愛車となって1周年!! 
というわけで、これからも頑張ります(なんのこっちゃ)。

ワールドカップ!

お久しぶり! 
ここ1カ月程、ミクシィ、ブログ共に休止していた。 
主な理由はワールドカップまでに仕上げたい曲があったのと、 
レコーディングを始めたから。 
それと心理的にネットから離れたいというのもあった。 
というのも、アウトプットとしてのブログや、 
インプットとしてのネットサーフィンはじっくり取り組みたいことがある場合、 
弊害になることが多い。 
まあ、やらなかったらそれはそれで寂しいんで、 
時間の空いた時にブログを更新することにしたので、またヨロシク! 

まず復帰一発目の日記として書きたいことは、 
やっぱりワールドカップ! 

日本代表は、プレマッチで一勝もしてないけど、 
昔はW杯にすら出場出来ない国だった。 
そのときに比べたら、日本がワールドカップに出られるだけでも、 
感無量っす!! 
日韓共同開催の時はホームなのでベスト16だったが、 
今回のWカップはアフリカ。 
なんとか一勝出来るかどうかのチームの状態だと思う。 
ただ、カメルーンも守備が悪いので、初戦でなんとか一勝してもらいたい! 
それで出来ればデンマークあたりに引き分けて、 
決勝トーナメントに進出して欲しい。 
ただ流石にベスト4は可能性がないけど・・・。 

ワールドカップは明日からなので、贔屓のアルゼンチン共々、 
日本を応援するぜ!

診察結果ww

医者によると、しばらく安静にしていればいいみたいです。 
頸椎が曲がっているようで、それが肩や腕の神経を圧迫しているみたいです。 
肩こりの重度の症状に近いらいしく、経口薬と、塗り薬で様子をみようと・・・。 
あまり悪い診察結果ではなかったので、とりあえずほっとしています。 
皆さんには心配をおかけしました。 
とりあえずバイト先に労災を請求しますww 


1週間は、ギター弾かない方がいいようなので、 
5日のライブはやはり無理そうです。 
18日のライブは、なんとかこなせそうなので頑張ります!

ベンリィで行く京都プチツーリングww

ベンリィ50Sで、京都までツーリングして来ましたーww 
以前京都に行ったとき、 
銀閣寺を拝観時間過ぎたため、入られなかったので、 
バイク買ったら必ず最初に訪れようと思っていました。 
念願叶って非常に嬉しいです(大変だったけど・・・)。 

朝9時20分から出発し、途中で給油し京都に着いたのが12時過ぎ、 
そこで昼食し、銀閣寺を目指しました。 

京都内で、ちょっと迷い結局到着は13時過ぎ、まあ原付なので、 
このくらいの時間はかかりますねー。 
一番困ったのが、寒さです! 
今月に入って一番の寒さではないでしょうか。 
厚めのジャケットを持ってくれば良かったのでしょうが、 
今朝の気温だと薄めのライダージャケットでいいと判断、 
これが後々まで祟られることとなりました(涙)。 

僕は歴史好きなので、神社、仏閣が大好きだという、 
意外に地味な趣味がありますww 

外国人観光客も多く、さー念願の銀閣寺にって思ったら・・・。 
改装工事中!の看板が!! 

しかし、ちゃんと中には入られそうで、改装中ながら銀閣寺も見られましたww 

残念だったのが、足利義政の居室が一般公開されていたのですが、 
別料金かかるらしく、中に入りませんでした(貧)。 


銀閣寺で一番気に入ったのは、庭園のセンスです。 
派手さはないものの、人を落ち着かせ、 
さりげなく和ませる、そういった雰囲気がありました。 

同じ、室町時代の金閣寺は派手ですが、 
銀閣寺もおすすめです! 

あまりの寒さに家に帰ってさっそく風呂に入りましたww 
今までで一番、気持ち良く入浴出来ました(笑)。

初トークライブ終了ww

昨日、らすさん主催のトークライブに出演して来ましたー! 
生まれて初めてギターを持たずにお客の前で喋りましたので、 
かなり緊張しました。 
最初は身内が多いのかなーと思っていたのですが、 
一般のお客も多くなり、僕もらすさんもちょっとビビってました。 

秋山君がうまく進行してくれたので、なんとか最初の15分乗り切られました。 
その後はようやくコツというか、ペースをつかんで色々な話をしました。 
特に、音楽の話は長かったですね。 
堀内チキンライスの料理もうまかったし、 
Jun1もフォローしていました。 
なによりお客も含めて全員が参加してくれたおかげで、 
人生初のトークライブは気持ちよかったですww 

反省点は、もうちょっとテーマを決めていけば良かったかな、と。 
自分だけでは、 
マニアックな話と柔らかい話題の両方でバランスを取れなかったので、 
らすさんと秋山君のおかげでうまくいったと思います。 
いい経験だったので、今後はMCにも生かしていきたいです。 

堀チキの店長ブレーキ、お客さん、 
Jun1、秋山タカオ、そしてらすさん昨日はありがとう!

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM