スポンサーサイト

  • 2017.03.31 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


選択肢という名の押し付け

やってしまいましたね。大飯原発再稼働を。 
僕は関西広域連合に期待していました。 
福井で原発が事故を起こした場合、当然ながら関西の多くの範囲が汚染されます。 
となると関西電力は、その周辺半径50km圏内の自治体には再稼働に対する認可を求めなくてはなりません。 
しかし、関西広域連合は再稼働を許可しました。 
これには色々と理由があります。 

しかしまずは、関電の節電要求に対して反対していこうと思います。 

まず、最初に福島第一原発の事故からどれだけの時間がかかっているでしょう? 
去年の3/11ですのでちょうど1年と3ヶ月です。 
あれだけ最悪の事故があって、原発の比率を下げる為の努力を関電はしたのでしょうか? 
メガソーラーを設置したり、海上風力発電を準備していましたか? 
関電の顧客の大半は、原発よりも再生可能エネルギーを普及することを望んでいます。 
顧客のニーズに対応する努力を関電はまったくしていません。 

次に関電の言い分ですが、一般企業なら通りません。 
全国規模で考えるとエネルギー需要は産業が60%、民生が40%です。 
関電の主張によると電力需給の多い昼間に一般家庭にも節電をしてもらうということですが、
工場の稼働時間を朝と夜間に移行し、各企業に昼間は自然採光をしてもらう方が効果があります。 
これは明らかに関電側からの原発再稼働に向けての恫喝です。 
どこの世界に顧客にわざわざ負担のかかることを要求する企業がありますか。 
電力が自由化されていたら確実に僕は関電を選びません。 

最後に新電力プランですが、はっきり言って意味が解りません。 
物事をシンプルにしないと客の大半には意味が伝わりません。 
昼間に電気を使用して欲しくないなら、選択肢という名の押し付けではなく国民に要請して下さい。 
冬の電力ピークに対して協力した国民の努力をもう忘れてしまったのでしょうか?? 

はっきり言います。 
節電なんて無駄です。関電が原発再稼働の認可を取る為の手段です。 
それにマスコミ、政府が騙されてる(あるいは金で口封じされている)だけです。 

顧客に負担がかかる前に、設備投資しろよ!! 
それが無理なら電力を買い取りに行けよ!! 
企業努力もせずに、客に新料金の押し付けする前にやることが山程あったじゃねーか(怒)。
ここまでバカな連中に金を払って電力買うのがあほらしくなってしまいました。 
JUGEMテーマ:原発

教授、さすがです。

「脱原発」へ1000万人署名開始 
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1638370&media_id=4 

このニュースで思ったことは、
ようやくこういう議論が出来る土壌が出来たのだということです。 

教授こと坂本龍一氏は、
PSE法の拡大によってビンテージ楽器が日本にて廃棄されそうになったときに、
署名運動によってこれら楽器の保護に多大な貢献をしました。 
今回の原発問題に関しても、すばやく反対表明をするところはさすがです。 

大阪府の知事や、大阪市の市長も関電に対して反原発の立場であります。 
ただ、廃炉するにしても今後数十年はかかるでしょう。 

イタリアのように国民投票で原発の是非を問うことが一番早いと思います。

    意見を出してみました。

    さっそくBチームhttp://www.daiichi-b.jp/に下記のアイデアを出してみました。 

    はじめまして、Bチームの皆さん。 
    タケダといいます。 
    もう二ヶ月過ぎても放射性物質が垂れ流しのままの福島第一原発ですが、 
    時間が経過すればするほど、汚染は深刻になると思います。 

    そこで次のようなプランはどうでしょうか? 
    現在、1号機の燃料棒の大半が溶融していると考えられています。 
    格納容器、圧力容器共に穴が空いている状態であると推測できます。 
    水による冷却は、容器に穴が空いている状態では汚染水を増加させるだけですので、 
    スズを使ってみてはどうでしょうか? 

    スズは以前、ウクライナの学者が提唱した案ですが、 
    安定同位体が多く、中性子をたくさん吸収出来ます。 
    1−3号の圧力、格納容器には穴が空いている可能性が高いので、 
    ドリルで穴を開け、その先端からスズを流し込んでみてはどうでしょうか? 

    ある程度、放射性物質の拡散が止まったら、 
    燃料棒を圧力容器の底ごと取り外し、 
    外に設置する新しい容器に直接放り込み、 
    すかさず水で満たしたユニットごとプールで冷却する。 
    燃料棒の溶融により、格納容器の底に溜まっている状態なら、 
    石棺への移行も考える。 

    いたずらに時間をかけると放射性物質の拡散による被害は拡大します。 
    出来れば1−2ヶ月以内に解決して欲しいです。

    期待半分

    JUGEMテーマ:原発 

    管首相が浜岡原発停止を要請したようなので、 
    その点については評価出来ると思います。 
    というのも、浜岡原発は活断層に近く、 
    防波堤も十分ではありません。 

    すぐに原発の全廃というのは、無理な話だと思うので、 
    こうやって危険な炉から停止させるのはいい判断だと思います。 
    推進一辺倒だった原発行政にもようやく、歯止めがかかるという意味で、 
    ターニングポイントになるのではないでしょうか。 

    しかし、我が国の法では、総理大臣から要請は出来ても命令は出来ないみたいで、 
    最終的な判断は中電がやるようです。 
    この国では国民が選んだ政党のトップが下した結論より、 
    電力会社の判断の方が優先されるようですね。 

    後、福島第一原発の方も事態はまだまだ収束に向かわないようです。 
    水棺方式に、空冷など色々な方策を試みているようですが、 
    肝心の放射線量が高くて、なかなか作業がはかどらないようです。 

    放射性物質が垂れ流しのままなのに、 
    避難範囲の拡大どころか勝手に基準上げていくし、 
    もう政府にメール送るのもバカらしくなってきました。 

    そもそも、国家とは国民に対して税金を納めてもらっている以上、 
    国民の命を守る義務があるわけです。 

    事故があった場合ガバナンスで最優先される事柄が、 
    一番軽視されているというのは、いったいどういうことでしょうか? 

    正直、日本そのものの政治や社会システムに対して、疑問が出てきました。 

    ただ、今回の管首相の浜岡原発停止の判断は、 
    各地のデモや署名運動が後押ししたと思いたいです。

    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    sponsored links
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM