<< 劇場版 あの花 ブルク7にて | main | 新たな相棒!その名はテリオスキッド >>

スポンサーサイト

  • 2018.03.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


集団的自衛権と9条論議

とうとう、自公の合意による集団的自衛権を認める閣議決定がなされましたね。
そもそも国家とは、パンと水と安全を国民に保障することが前提となっています。
日本は憲法9条により、軍隊と他国への交戦権を持ちません。
自衛隊はあくまでも軍隊ではなく、自衛の為の組織なのです。

世界でも10本の指の中に入る戦力を有していても軍でないのは、
憲法によって他国と戦争することを放棄していることと、
個別自衛権しか認められないからです。

日米安保が無ければ、他国に攻撃されてもアタック担当のアメリカしか、
ミサイル基地を破壊できないのです。
これは国防上、重大な問題があります。
仮にA国が日本に戦争を仕掛けた場合、現行の憲法では、
日本だけではA国の基地を攻撃できないのです。

最近は中国の海洋覇権の為、尖閣や南沙諸島問題が表面化してきました。
頼みのアメリカが日本を守るのは、日米安保条約があるからなのですが、
中国の方を経済パートナーとして重視しつつある現在、機能するかどうか疑わしいです。
そうなると、同じ立場の国々(東南アジア)と連携して有事に当たるオプションも考えなければなりません。
これがすなわち集団自衛権です。

国連加盟国には集団的自衛権が認められています。
A国がB国と連携してC国と交戦する場合、
A国はC国に対して宣戦布告をしなければなりません。
中立の立場の国がC国と交戦することは認めませんが、
A国がB国を支持するなら、これは中立ではありません。
すなわち、多数の国家が連携して交戦する権利はどこの国にも認められているのです。

日本はアメリカと同盟関係ですが、自国が攻撃されない限り、
仮に尖閣が原因でアメリカと中国が(日本の海域でないところで)交戦していても戦闘に参加できないのです。
9条の理念は素晴らしいのですが、有事の際にまったく機能しない国家にしてしまっているのが現状だと思います。
そういった事実を露呈してしまったのが、
尖閣で漁船が海上保安庁の船に突っ込んだ事態だと思います。

今まで日本が守られてきたのは、世界最強国のアメリカに守られてきたからだと思います。
平和とは、国防がなければ維持できません。
自衛隊の装備や運用、安保維持のための思いやり予算はその為に費やされています。
それはどこから支払われているか?
全て国民の税金です。我々は税を払って国に安全を保障してもらっているのです。
国家が国家として機能するための組織が軍隊なら、
それを保有しない日本は何をもって国家たらしめるのか?
かつてローマ市民は税を兵役で支払いました。
その属州は十分の一税を支払うことで、ローマに守ってもらっていたのです。
今の日本はアメリカというローマ帝国の属州と同じ立場です。
集団的自衛権とは、軍とセットで運用すべき事案です。

僕は主権在民というなら、9条の改正をもってあたるのが筋だと思います。
内閣は行政のための組織であって、法について議論するのは、
立法機関である国会です。
憲法とは国民の権利を守るものであり、その解釈を時の内閣が勝手に変えるのは、
民主主義の原則からはずれると思います。
僕は上記の理由から、改憲論者です。
しかしながら今回の安倍内閣のやり方には反対の立場です。
場当たり的な憲法解釈よりも、国防のための税金を支払っている国民にこそ、
憲法9条を見直す権利があるのですから。
ただ、国民投票いたるまで、憲法改正の場合には、
両院の議員の三分の二の賛成がなければならないので、
現状ではほとんど不可能ですが。

安倍政権はおそらく逼迫している現状を鑑みて、
憲法解釈の変更に踏み切ったと思います。
ただ、やり方がかなり強引で、主権在民という、
この国の原則からかなり外れていると思います。

 

スポンサーサイト

  • 2018.03.14 Wednesday
  • -
  • 22:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM