<< 寄生獣 実写映画版のレビュー | main | Pirelli Sport Demon タイヤ交換 >>

スポンサーサイト

  • 2018.03.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


衆院選で思うこと

JUGEMテーマ:政治

今回の衆院選は、何のためにやるのだろう?
まだ任期は2年で、後半分も残っている。
安倍首相は、国民に信を問うといっているが、
集団的自衛権や、特定秘密保護法などを強引に推し進めた人の台詞では説得力がない。

まず、膨大な選挙費用がかかる。
およそ、700億円もの費用をかけるなら、
その選挙は自公政権延命のためだけにされていいものではない。
消費税を増税する前に100兆円規模の歳出を少しでも削減したのだろうか?

首相は経済を強くすると言っているが、
普通に考えて無理がある。
というのも、経済とは政治が頑張って良くなるものではない。
各企業の業績アップはあくまでも、それらの会社の努力によるものであり、
政治に出来るのはせいぜい、企業の足を引っ張らない制度を作ることくらいなのである。

元来、政治がやらなければならないのは、
国民の税金を適切に管理運営することである。
歳出を歳入の倍以上にまで予算を膨れ上がらせることではない。
現に国債の格付けは下がっており、
このまま財政健全策を講じなければ、
日本国債の金利はいずれ上がるだろう。
消費税増税の前にやらなければならないことはいくらでもある。

ただ、今回の選挙での野党には、
無党派層の受け皿になるような政党がないのも事実だ。
民主党は自民党との違いを明確化出来ていないし、
他の野党はイデオロギーに偏りすぎている。

だが、それでも自公のやっていることにノーを言わねばならない。
野党に投票し、自公に過半数を超えさせないことで意思を表明するのだ。
出来れば国民全体が投票する権利を行使することを願うばかりである。

 

スポンサーサイト

  • 2018.03.14 Wednesday
  • -
  • 20:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM