スポンサーサイト

  • 2017.03.31 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


MRAヴァリオツーリングスクリーン取り付け

JUGEMテーマ:車/バイク


タイヤ交換後、皮むきも終了していないのに、新しいパーツを取り付けた。
その名もmra vario スクリーン。
2段フラップの採用でハンパない防風が売りだ。
中古のMRAスクリーンがヤフオクで格安だった為、つい買ってしまった。
完全な衝動買いである(大汗)。


さっそく手持ちの工具で取り付けてみた。
ナビのステーやら、USBのソケットやらがすでにVTRのハンドルには装備されており、
位置決めが非常にややこしかった。
中古のため、取り扱い説明書もなく、
色々と試行錯誤してようやく作業が完了した!

下道で試してみたら、確かにスクリーンの位置には風が感じられない。
手をスクリーンの外にかざすと風圧が感じられるので間違いなく整流効果がある。
これで風圧がマシになればいいなー。

それから近日中に重大発表があります。
お楽しみに。
 

Pirelli Sport Demon タイヤ交換

JUGEMテーマ:車/バイク

VTR250のノーマルタイヤで12000kmは走ったため、
フロントにスリップサインが出てきた。
溝はまだ残ってはいるが、グリップが明らかに低下していたので、
春の前に交換することにした。

今回、タイヤの選択にあたって重要視したのが、
VTR250のノーマルのタイヤ、
ブリヂストンG601&602よりグリップがいいことだった。
ツーリングタイヤでもそこそこグリップするだろうが、
それだと峠では物足らないだろう。

しかし、ハイグリップすぎるタイヤだとライフが短い。
メーカーがスポーツ走行寄りと表記していて且つ、
8000-10000km持ちそうなタイヤといえば、
ブリヂストンBT39かピレリスポーツデーモンしかない。
IRC RX-01SpecRも考えたが、あまりライフが良くなさそうなので、
前述の2モデルに絞った。
ラジアルならもうちょっと選択肢があるのだが、
各メーカーにはバイアスの開発も頑張って欲しいものだ。

某バイク用品店にて110/70/-17 140/70-17の前後セットが1万5800円だったため、
ピレリスポーツデーモンに決定!
BT39は割高だったので今回は見送った。
まだ皮むきも終わっていないのでインプレなどは出来ないが、
トレッドパターンは気に入った。
早く春が来ないかなー。
 

衆院選で思うこと

JUGEMテーマ:政治

今回の衆院選は、何のためにやるのだろう?
まだ任期は2年で、後半分も残っている。
安倍首相は、国民に信を問うといっているが、
集団的自衛権や、特定秘密保護法などを強引に推し進めた人の台詞では説得力がない。

まず、膨大な選挙費用がかかる。
およそ、700億円もの費用をかけるなら、
その選挙は自公政権延命のためだけにされていいものではない。
消費税を増税する前に100兆円規模の歳出を少しでも削減したのだろうか?

首相は経済を強くすると言っているが、
普通に考えて無理がある。
というのも、経済とは政治が頑張って良くなるものではない。
各企業の業績アップはあくまでも、それらの会社の努力によるものであり、
政治に出来るのはせいぜい、企業の足を引っ張らない制度を作ることくらいなのである。

元来、政治がやらなければならないのは、
国民の税金を適切に管理運営することである。
歳出を歳入の倍以上にまで予算を膨れ上がらせることではない。
現に国債の格付けは下がっており、
このまま財政健全策を講じなければ、
日本国債の金利はいずれ上がるだろう。
消費税増税の前にやらなければならないことはいくらでもある。

ただ、今回の選挙での野党には、
無党派層の受け皿になるような政党がないのも事実だ。
民主党は自民党との違いを明確化出来ていないし、
他の野党はイデオロギーに偏りすぎている。

だが、それでも自公のやっていることにノーを言わねばならない。
野党に投票し、自公に過半数を超えさせないことで意思を表明するのだ。
出来れば国民全体が投票する権利を行使することを願うばかりである。

 

寄生獣 実写映画版のレビュー

JUGEMテーマ:邦画

寄生獣といえば、アフタヌーンで連載していたちょっと他と違った漫画のことだった。
原作は1990年代中ごろに終了し、映像化のことなどあまり話題になっていなかった。

21世紀になった頃くらいに唐突にハリウッドが映像化するという噂が流れた。
まさか実写映画化出来ると思っていなくて、このニュースは眉唾だろうと思っていた。
ところが、この噂は半分当たっていた。
というのも昨年発表された日本での映画化のニュースで、
ハリウッドから版権を買ったから映像化できると書いてあったからである。

ハリウッドが匙を投げたのに邦画で作って大丈夫か??
などど、いぶかしんでいたら先にマッドハウスがアニメ化した。
半分映画の宣伝のようなアニメ化だが、
さすが、老舗アニメスタジオマッドハウス、なかなかの出来で毎週楽しみにしている。
岩明均の原作のキャラデザではアニメとして動かしにくいのか、
大幅にデザインを変えてあるが、これはこれでアリだと思う。
ただ、あまりアニメの出来がいいと実写が物足らなく見えないか?
というのもCGを使った演出だと、
アニメの方が違和感なく出来ることの方が多いからだ。
予告編を観た限りではあまりうまくいっていないように見え、
実際映画が始まる10分前までは、とても不安だった。

ところが、開始20分過ぎると違和感がないのに気付いた。
寄生獣の日常性がうまく表現されている!!
ミギーや、他の寄生生物は非日常の存在である。
しかし、岩明の原作にはどことなく日常性を強調するシーンが多かった。
この現実と非現実の狭間のような緊張感が、
そのままシンイチとミギーの関係にシンクロする自然さ。
これこそが寄生獣の日常性なのだ。
山崎貴監督は寄生獣のこういった空気感を大事にしながら映像化している。
例えば、泉家の台所に生活感を出すために使い込んだ状態の食器を用意したり、
細部に亘ってこだわっている。
このあたりは流石にALWAYSの監督だと思った。
寄生生物が突飛な生物なので、CGを使って溶け込ませるには無理がある。
そうなると作品にリアリティを持たせるにはこういった日常性にこだわるしかないのだ。
だから寄生生物がやたらとクローズアップされる予告編では違和感があり、
映画本編で観ると画面に説得力が出る。
おそらくこれは意図的に組まれた計算があってやっているのだろう。

展開については、映画のオリジナル部分が多くなるのは仕方ない。
なにせ2時間映画二本で、単行本10巻分をまとめなければならのいのだ。
個人的には、加奈くらいは出して欲しかったが、
尺の都合上仕方ないだろう。

色々と書いたが、寄生獣を読んだことのある人はもちろん、
読んだことのない人でも楽しめる映画だと思う。
ぜひ劇場で楽しんでいただきたい。





 

FURY観賞

先日、気になっていたFURYを観てきました。
戦車アクション映画は、あまり少なく、
僕が覚えているのはパットン戦車軍団の再放送くらいです。

撮影には実際のM4シャーマンや、ティーガーが使われており、
迫力のある戦車の打ち合いを期待していました。

結論は観て正解でした!
ただ、華々しい戦車戦は中盤の一回だけで、
残りは5人対300人の十字路での攻防ですが。

アカデミー候補とありましたが、
どちらかと言えば、戦車や銃撃戦が主眼のバトルものであり、
地獄の黙示録やプラトーンのようなテーマ性の強い作品ではありません。
というのも、ブラピ演じる戦車長はもとより、
他の戦車兵も戦争に対する葛藤や疑念はありません。
戦争が人間性を狂わせていることは描いているのですが、
先述の映画のようにそこまで丁寧に掘り下げていません。
ただ、戦争の現実として、狂気があるような感じです。
思うにこの映画で一番のテーマは等身大の戦記ものといったところでしょう。
アメリカは第二次世界大戦においては、
ベトナムや湾岸、イラクと違うということでしょうか。
戦争の原因となったナチスに対しての怒りは各所に見られるのですが・・・。
ただ、兵士の抱えている戦場に対する恐怖やストレスはよく描けていました。
そこにテーマ性があるかといえばそうでなく、
そういったものをこの映画に求めると肩透かしになります。

実話に基いた戦争アクションものとして観ると物凄く秀逸な作品です。
特にティーガーとの戦車戦は迫力あります。
ただ万人受けはしないでしょうね。
どちらかと言えば、男性それも戦車好きの人におすすめです。
 

PL花火2014

JUGEMテーマ:夏休み




今年もPL花火の写真を撮ってきましたー!
ニコン1 J2は高速AFと最大60コマ/秒の連続撮影速度で実に撮りやすい!
鈴鹿ではシャッター優先AEにするのを忘れたりしていましたが、
今度は大丈夫!
ばっちり花火が撮れました。

しかし、今年のPL花火は短かったですねー。
どうやら去年よりも少ない1万4000発だったようで。
最盛期にはこれの7,8倍だったので余計に寂しく感じます。

鈴鹿8耐2014

JUGEMテーマ:車/バイク


今回の8耐は、ヨシムラ60周年というわけで、
雨が降りそうでしたがVTR250で行きました。
名阪国道は午前5時頃なので空いていましたが、
あまり飛ばしたくありません。
というのも、あくまでもこの道路高速ではなく国道なのです。
制限速度が60kmなので、あまりアクセルを空けると・・・。
いらないサイン会に招待されますので、皆さん気をつけましょうww

この写真はヨシムラブースに展示されていた、ホンダ時代のヨシムラのマシンです。
今ではスズキのイメージですが、昔はCBをチューンしていたのですねー。





レースは序盤から波乱でしたねー。
スタート前の集中豪雨!
おかげで8耐ではなく6耐になってしまいました(涙)


今回はこの後何回も赤旗中断がありました。
その間、ヨシムラレジェンドチームがこけたり、
秋吉がS字付近でやってしまったり・・・。

トップはホンダのハルクプロで、
去年と同じライダーがそのままで2連覇というのは史上初らしいです。

今年の8耐は荒れたレースになりました。
来年はもっとドッグファイトが見てみたいですね。
 

新たな相棒!その名はテリオスキッド

JUGEMテーマ:車/バイク


突然ですが、車を購入しました。
ダイハツ テリオスキッドCL 5MT 2001年モデルです。
納車されたのは7月の末で、ようやくミッションに慣れ始めたところです。
中古購入ですでに78,000km位走っています。
納車時に通常の整備に加えて、
タイミングベルトやウォーターポンプの交換もしてもらったので、
まだまだ走るでしょう。

そもそも軽のRV車を買う予定はありませんでした。
それがなぜこの車輌になったのかというと、
気に入ったから、としかいいようがありません。
去年の12月に車の免許を取ってからというもの、
兄のアテンザに乗ってはいたのですが、
ATな為、せっかくのマニュアル免許を生かす機会はありませんでした。

とにかく自分の車を手に入れようと思ったのですが、
欲しい車は予算が足りず、安い中古車でマニュアルの練習をすることにしました。
予算はコミコミ40万円くらい、
維持費の安い2L迄のクラスでマニュアル車というのが条件でした。
元ディーラーの知り合いにマツダの中古店を紹介してもらい、
とりあえずその店に行ってみたのですが、
マニュアルはたった3台しか置いてませんでした。
もはやオートマの時代なのだなーって実感しましたねー(涙)。
しかもそれらの車はどれも予算オーバー、
同じマツダ系列の店で探してもらうことにしました。
安いNAロードスターの中古でもないかなーって期待していたのですが、
なかなかその手の車はこの予算ではありません。
色々条件を変えて検索してもらったら、
テリオスキッドの中古がひっかかりましたww

最初は、この車のことを思い出せませんでした(爆)。
ジムニーやパジェロミニといった、
有名な軽のクロカン車の中でもその当時唯一4ドアだったのが、
このテリオスキッドだったのです。
なぜか4WDのモデルではなくFRだったのですが、
この方が燃費もいいだろうし、なにより車検が結構残ってる。
なんとなくカッコ良く見えたので、
そこから近いマツダの店に見に行くことにしました。

最初のディーラーさんが車で送ってくれたので、
迷わずに店に着きました。
そこに置いてあったシルバーの車体は思ったよりもデカくて迫力がありました。
後で調べたのですが、このテリオスキッド、
兄貴分のテリオスの車体を軽規格に合わせてぶった切って作られたので、
軽にしては大柄なボディが特徴のようなのです。

履いているタイヤは山が充分に残っているし、
外装、内装もなかなか綺麗なのでこの車を買うことにしました。
その場で手付金を渡して、色々と手続きをして、
ようやく7月の末に納車されたというわけです。

これからこの車で色々なところを走りたいと思っています。
 

集団的自衛権と9条論議

とうとう、自公の合意による集団的自衛権を認める閣議決定がなされましたね。
そもそも国家とは、パンと水と安全を国民に保障することが前提となっています。
日本は憲法9条により、軍隊と他国への交戦権を持ちません。
自衛隊はあくまでも軍隊ではなく、自衛の為の組織なのです。

世界でも10本の指の中に入る戦力を有していても軍でないのは、
憲法によって他国と戦争することを放棄していることと、
個別自衛権しか認められないからです。

日米安保が無ければ、他国に攻撃されてもアタック担当のアメリカしか、
ミサイル基地を破壊できないのです。
これは国防上、重大な問題があります。
仮にA国が日本に戦争を仕掛けた場合、現行の憲法では、
日本だけではA国の基地を攻撃できないのです。

最近は中国の海洋覇権の為、尖閣や南沙諸島問題が表面化してきました。
頼みのアメリカが日本を守るのは、日米安保条約があるからなのですが、
中国の方を経済パートナーとして重視しつつある現在、機能するかどうか疑わしいです。
そうなると、同じ立場の国々(東南アジア)と連携して有事に当たるオプションも考えなければなりません。
これがすなわち集団自衛権です。

国連加盟国には集団的自衛権が認められています。
A国がB国と連携してC国と交戦する場合、
A国はC国に対して宣戦布告をしなければなりません。
中立の立場の国がC国と交戦することは認めませんが、
A国がB国を支持するなら、これは中立ではありません。
すなわち、多数の国家が連携して交戦する権利はどこの国にも認められているのです。

日本はアメリカと同盟関係ですが、自国が攻撃されない限り、
仮に尖閣が原因でアメリカと中国が(日本の海域でないところで)交戦していても戦闘に参加できないのです。
9条の理念は素晴らしいのですが、有事の際にまったく機能しない国家にしてしまっているのが現状だと思います。
そういった事実を露呈してしまったのが、
尖閣で漁船が海上保安庁の船に突っ込んだ事態だと思います。

今まで日本が守られてきたのは、世界最強国のアメリカに守られてきたからだと思います。
平和とは、国防がなければ維持できません。
自衛隊の装備や運用、安保維持のための思いやり予算はその為に費やされています。
それはどこから支払われているか?
全て国民の税金です。我々は税を払って国に安全を保障してもらっているのです。
国家が国家として機能するための組織が軍隊なら、
それを保有しない日本は何をもって国家たらしめるのか?
かつてローマ市民は税を兵役で支払いました。
その属州は十分の一税を支払うことで、ローマに守ってもらっていたのです。
今の日本はアメリカというローマ帝国の属州と同じ立場です。
集団的自衛権とは、軍とセットで運用すべき事案です。

僕は主権在民というなら、9条の改正をもってあたるのが筋だと思います。
内閣は行政のための組織であって、法について議論するのは、
立法機関である国会です。
憲法とは国民の権利を守るものであり、その解釈を時の内閣が勝手に変えるのは、
民主主義の原則からはずれると思います。
僕は上記の理由から、改憲論者です。
しかしながら今回の安倍内閣のやり方には反対の立場です。
場当たり的な憲法解釈よりも、国防のための税金を支払っている国民にこそ、
憲法9条を見直す権利があるのですから。
ただ、国民投票いたるまで、憲法改正の場合には、
両院の議員の三分の二の賛成がなければならないので、
現状ではほとんど不可能ですが。

安倍政権はおそらく逼迫している現状を鑑みて、
憲法解釈の変更に踏み切ったと思います。
ただ、やり方がかなり強引で、主権在民という、
この国の原則からかなり外れていると思います。

 

劇場版 あの花 ブルク7にて



JUGEMテーマ:アニメ映画全般

とうとう、公開されましたねー。
あの花こと「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」が!!

このアニメ、2年前にノイタミナ枠で放送されたとき、
正直地味な作品だと思ってました。
他の深夜アニメはもっとSFしてたり、派手な演出してたり・・・。
ただ1話目から凄く先が気になる作品でした。
主人公のじんたんは、引きこもりの高校生です。
そこに幼い頃死んだ友達の幽霊が現れます。
その友達の幽霊が写真のめんまという少女です。
彼女にはある願い事があり、彼女自身はその事を忘れています。
しかも、じんたんと疎遠になってしまっていた小学生時代の仲間しか、
その願い事はかなえられないというのです。

かつての仲間、超平和バスターズのメンバーが紆余曲折しながら集まっていったり、
めんまの願い事がしだいに明らかになっていったりしました。

いつの間にか、どのアニメよりも楽しみにしている自分がいました。
展開はだいたい想像していたのに最終話で泣きました(大汗)。
だもので、今回の劇場版は公平にレビューできそうにありません。
1ファンの思い入れたっぷりの感想だと思ってください(笑)。

8/31に公開されたので2日目にあたる9/1に観に行きました。
最初は一番近い八尾の映画館で観ようと思っていたのですが、
秋雨前線の影響で雨になり、バイクで行く気がなくなりました。
電車で八尾は行きづらいので、梅田ブルク7で観ることにしました。






以前観に行ったベルセルクでも思ったことですが、
ブルク7はアニメ映画に力を入れてますねー。
今回のあの花では、劇中に出てくる秘密基地が再現されていました。
映画館全体があの花色に演出されていて、
やっぱりここで観て大正解でした!

結構早めに来たのですが、とにかくお客さんが多かったです。
僕は12:50の部で観たのですが、ほぼ満員でした。
今回は女性のファンが目立ちました。
コスプレイヤーがいたり、若者中心ではあるのですが、
その中に比較的年齢の高い人もちらほらいました。
年齢層も幅広く、なんだかジブリアニメを観に行ってるような感じがしました。

入り口で初回特典のティッシュボックスを配っていました。
ちょっと小さいサイズなのですが、泣ける映画には必須でしょうww
他にもポストカードが配られていて、1週目はめんまのカードです。
こういった気配りが映画本編にも通じる細やかな演出になってますね。

感想をざっくり書くと、脱帽しました、素晴らしい出来です。
時系列的にTV本編を観ないとわからなかったりする部分もあるのですが、
初めてあの花観る人も感動できる作りになっていたと思います。
ただ、やっぱりTV版を観ていた方が解りやすいし、
より感情移入出来ると思います。
ですので、今ノイタミナでやっている再放送や、
円盤のチェックといった予習があった方がいいでしょう。

最初はただの総集編になるのかなーって思っていました。
事実、スタッフもめんま視点の総集編になると言っていたし。
しかし、実際は違いました。
新規カットが結構多く全体の3−4割を占めていました。
めんま視点もあるのですが、
1年後のメンバーそれぞれの回想という形をとっています。

*ここからは多少のネタばれを含みますので、注意してください。


めんまを成仏させてから1年後、
ちょっぴり前向きになりかつての仲間とも打ち解けた、
超平和バスターズの面々は、めんまに対して手紙を書きます。
その過程で、1年前を回想していきます。
各メンバーごとの回想シーン=TV本編となっています。
だもので、新規で観る人は多少の混乱があるかもしれません。
ただ、場面を丁寧に重ならないようにしてあるので、
回想が入れば、これは1年前だと解る作りにしてあります。
それぞれのメンバーがどういう思いで、
1年前の出来事を体験したのか明らかになっていきます。
メインは最終回なのですが、
そこに繋げるのが絶妙なのです。

最初に最後のクライマックス直前の回想から始まり、
じんたんの回想で冒頭を、あなる、ゆきあつ、ぽっぽ、つるこの回想で、
1年前の出来事が思い出されていきます。
その過程でかつてのファンはそれぞれの場面を思い出し、
新規のお客には1年前の紆余曲折を体感できるようになっています。
ただ、尺の都合で全てのシーンを説明しているわけではないので、
あくまでも回想程度です。
多少の予習があった方がいいでしょう。
この劇場版のテーマは思い出すことだと思います。
そして、ここが一番肝心なのですが、
1年前に成仏しためんまが思い出すのはいつかということです。
それはやはり、めんまにとって5年前の出来事、
つまり超平和バスターズの面々との思い出になります。
最初のコンセプトはここで生かされています。
新規カットの中でも、子供時代のめんまのエピソードは出色の出来栄えです。

この映画は決して総集編でなく、
あの花をより深く肉付けし、しみじみと回想する作品だと思います。

製作者達が丁寧にこの作品と向き合っていったのが解ります。
ファンの思いによって支えられた作品の劇場版として、
これ以上ない出来の作品だったと思います。
それから、エンドロール途中で立たない方がいいですよ。
最後に1シーンありますのでww


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM